運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

弊社におきましては、輸送の安全を確保するため運輸安全マネジメントを推進し、次のとおり社長以下全員が一丸となって
安全輸送に取り組んでまいります。


1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長及び全社員は、社訓にある「お客さまに感謝し安全快適な輸送に徹しよう」が事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場の安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえるとともに、「安全方針」の浸透を図り、輸送の安全が最も重要であるという意識を全社員に徹底してまいります。
  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act) を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって業務遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。
  3. 輸送の安全を確保するために、「安全方針」を2014年4月1日に見直し、全社員が一丸となって事故防止に努めてまいります。  また、安全最優先の旅客輸送サービスの更なる向上を図ります。

「トーヨーふれ愛バス 安全方針」

1.安全最優先
・東陽運輸グループの職業運転手としての誇りを持ち、何よりも大切な人命と託された財貨の安全輸送に徹します。
・輸送サービスを提供するあらゆる場面においてお客様の安全を最優先にします。

2.法令の遵守
・自動車交通関係法令を遵守し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

3.安全安心な輸送
・公共交通機関としての使命を自覚し、「安全・安心・快適」な輸送意識を全従業員に周知徹底します。

4.安全の見直し
・輸送の安全に関して計画、実行、改善を実施し、安全対策について常に見直しを図ります。

2. 輸送の安全関する目標及び当該目標の達成状況

【平成31年度 輸送の安全に関する目標達成状況】

重点目標結果

1 重大事故  ゼロ

0件

2 有責事故対前年比5%の削減

(1)支援学校の速度オーバー絶対禁止

(2)バックモニターの活動徹底で後退事故防止

(3)構内事故防止の徹底

(4)観光バスのイエローストップ厳守で交差点での事故防止を徹底

全事故件数 10件 前年比 -4件
速度オーバー 5件 前年比 -3件
後退事故 4件 前年比 +2件
構内事故 3件 前年比 -2件
 

【令和2年度 輸送の安全に関する重点目標】

重点目標

1 死亡事故・重大事故 ゼロ

2 有責事故対前年度5%の削減

目標達成のための重点項目

1 支援学校スクールバス法定速度及び一般道55km走行の厳守

2 支援学校スクールバスの介助員の協力及びバックアイの活用により構内事故の削減

3 構内事故の削減

4 観光バスのイエローストップ厳守により交差点事故防止

3. 自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計 【令和元年度】

・重傷事故(第3号に因るもの)

0件

・車内事故(第7号に因るもの)

2件

・車輌事故(第11号に因るもの) 5件

4. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

5. 輸送の安全に関する重点施策

(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。

(2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。

(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。

(4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要を伝達共有します。

(5)輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。

6. 輸送の安全に関する計画

(1)安全運動関係 予定

① 4月 春の全国交通安全運動

② 4月 スクールバス 第一学期開始安全確認運動

③ 5月 観光バス安全運行向上運動

④ 6月 支援学校バス安全運行向上運動

⑤ 7月 夏の交通事故防止運動(大阪府)

⑥ 8月 トーヨーふれ愛バス安全大会

⑦ 9月 支援学校第二学期開始安全確認運動

⑧ 9月 秋の全国交通安全運動

⑨ 10月 観光バス安全運行向上運動

⑩ 11月 全社無事故目標月間

⑪ 12月 年末年始輸送の安全総点検

⑫ 1月 第三学期開始安全確認運動

⑬ 2月 厳冬期の安全向上運動

⑭ 3月 全社リーダーミーティング

⑮ 3月 消防署との合同訓練

(2)運行関係

① 社長及び安全統括管理者による各営業所及び現場の巡視を実施します。

② 本社管理職・各営業所管理者による添乗視察を実施し、各乗務員の添乗評価を行い、安全運転につなげます。

③ 定期的にバスのドライブレコーダーの映像をチェックし、危険運転の早期発見及び運転手の安全意識の向上を図ります。

④ 全社員に研修を通じて、安全方針及び安全管理規程及の理解、及び安全運転に必要な知識等を教育し、安全意識の向上に努めます。

⑤ 安全意識調査を基に、更なる「運輸安全マネジメントの浸透」及び「安全意識の向上」を目指します。

⑥ 内部監査及び保安監査並びに業務監査を実施します。

⑦ 法定健康診断のほか、観光バスの乗務員には年2回の健康診断を実施し、また睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いのある運転手に対し、スクリーニング検査を実施し、その結果問題があると判断した場合は更なる精密検査を実施し、指定医療機関と連携し必要な治療や指導に努めます。

⑧ 支援学校スクールバス乗務員・介助員に非常扉の扱い方、非常コックの扱い方、消火器の扱い方など、非常時の対応訓練を実施します。

⑨ 観光バス乗務員に対し、異常事態発生(重大事故・車輌火災等)を想定した訓練を実施し、緊急時の対応マミュアル等の検証並びに防災意識の向上に努めます。

⑩ 救急救命講習を八尾消防署の指導の下に実施いたします。

⑪ 非常事態を想定した総合訓練を、八尾警察 八尾消防署と共に実施いたします。

⑫ 飲酒運転防止インストラクターを配置し、年間を通じて研修等で飲酒及び酒帯び運転と薬物使用の防止の取組みをいたします。

⑬ 観光バス「誤運転防止システム」の活用、システム設定箇所での注意喚起内容(復唱)等ヒューマンエラーの対策を行い、誤運転防止に努めます。

(3)車輌関係

① 支援学校スクールバスの代替車両として新車25両を導入します。(肢体不自由児用のスロープ車輌については、すべてノンステップバスを採用)

② 新車から3カメラ式ドライブレコーダーを採用します。

③ 年式が新車導入から5年が過ぎた車輌については、法定3ヶ月点検実施時に独自項目による車両点検を実施し、安全性の向上に努めます。

7. 事故・災害に関する報告連絡体制

8. 安全管理規程及び安全統括管理者

① 安全管理規程 別紙 『安全管理規程』

② 安全統括管理者  運行管理部 浜野 恭行

9. 輸送の安全に関する教育及び研修の計画

(1)管理者に対する教育・研修をします。

① 役員及び管理職は、運輸安全マネジメント講習会など研修会に参加し、安全管理体系の構築を図ります。

② 現場管理者等は、各種講習会・セミナー等に積極的に参加し、安全意識の向上に努めます。

③ 管理職及び現場管理者は、年間1回以上の人権講習会に参加し、人権意識の向上に努ます。

(2)乗務員等に対する教育

① 支援学校スクールバスの乗務員・介助員及び観光バス乗務員に対して、『年間教育計画』を作成し、教育及び研修を実施していきます。

② 支援学校スクールバスの乗務員・介助員に対し各学校において、待機時間を利用して安全講習を実施します。

③ 支援学校スクールバスの乗務員・介助員に対し、「回覧板」を作成し、事故の情報や、不安全情報などのミニ講習会を学校待機時間を利用して開催します。

④ 事故惹起者に対し特別教習を実施します。

⑤ 乗務員・介助員に責任がある苦情等については、関係者全員に対する特別教習を実施します。

(3)無事故表彰

① 支援学校スクールバスの乗務員・介助員に学期ごとにチーム別に無事故無違反のチームには、表彰し表彰金を授与します。

10. 輸送の安全に関する内部監査の実施

(1)毎年7月に1年間の輸送の安全に関する内部監査(重大事故等に関する内部監査を含む)を実施し経営トップ、安全統括管理者、各営業所長及び管理職へのヒヤリングと、関係書類の調査等をない、9月末の決算期にあわせて、調査結果をまとめ公表いたします。

(2)内部監査委員は当社グループ各社役員から選出する他、外部からの認識者から選出する。

11. 輸送の安全に関する取り組み(2019年度実績)

(1)社長及び安全統括管理者等による職場巡視(12回)

(2)支援学校スクールバス乗務員研修(8月に実施)

(3)管理職による添乗評価(30回)

(4)東陽運輸グループ事業安全安心 情報交換会(2回)

(5)安全対策月例会議(毎月最終土曜日に実施)

(6)支援学校スクールバスの乗務員・介助員に対する現場研修会(12回)

(7)観光バス乗務員 安全講習会(4回実施)

(8)支援学校スクールバス安全大会(全員参加)8月に実施

(9)八尾消防署による救急救命講習会(8月・12月に実施)

(10)八尾消防署との合同避難訓練及び消火訓練 (8月に実施)

(11)当社飲酒運転防止インストラクターによる飲酒運転防止セミナー (4月・12月に実施56名参加)

(12)観光バス乗務員の冬山研修会 (12月に実施15名参加)

(13)管理職による国土交通省認定の運輸安全マネジメント講習会に参加(6月・11月・2月に参加 参加人員8名)

(14)無事故無違反チームの表彰(8月に実施 3チーム表彰)

(15)事故惹起者・苦情対象者・スピードオーバー常習者の特別研修会を実施(年間6回実施 参加人員38名)


「安心・安全」のふれ愛バス

  • 当社は平成25年10月1日から令和2年3月31日までの6年6ヶ月間、連続4期間無事故を達成しましたので、近畿運輸局長より「一般貸切旅客自動車運送事業無事故表彰」を受賞しました。トーヨーふれ愛バスはこれからも一層の安全運転を実施いたします。

●貸切バス安全性評価認定制度において、安全性評価事業所として、令和1年9月17日に「一つ星」を認定されました。

●平成30年度 大阪府主催「無事故無違反チャレンジコンテスト」において。大阪府バス部門で「銅賞」を受賞されました。


  • ひと・まち・くらしをつなぐコミューター

    株式会社 ふれ愛交通

  • 物流を通して「人と未来」をつなぐ企業

    株式会社 東陽運輸